スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
今季初の負け越し 阪神0ー2ヤクルト
5月1日(甲子園)
ヤクルト|000 002 000|2
阪  神|000 000 000|0

勝利投手:館山
敗戦投手:ボーグルソン
セーブ :林
HR  :


試合経過、感想などは【続きを読む】をクリックして下さい。

【試合経過】

先発は今季初登板のボーグルソンと館山

●6回表、無死1塁から川島がレフト戦へのタイムリー2ベースでヤクルト先制。さらに1死3塁となってガイエルの犠牲フライで1点を追加。


【感想】

今日、行かれた方々にはかける言葉も出てこないのですが・・・今季初の同一カード負け越しとなってしまいました。しかも1安打完封負けって(;´Д`)

荒れ球にやられる・・・

ヤクルト先発の館山はよかったのか、悪かったのか・・・7回を1安打に抑えたんだからっよかったんだろう。140km台後半のストレートが適度に荒れてインコース、アウトコースと散らばっていた感じ。荒れていたので6四球と四球の数は多かった。バッターとしては、初球からいきなりド真ん中にきたり、内角への逆球が多かったりと的を絞れなかったのだろう。イメージしやすい選手で言えば、中日の中田のような感じだった。

今後も同じような投球をされれば、中田同様に手こずる可能性も大きい。


気持ちを切り替えて!!

今季初の負け越しとなってしまったが、終わってしまった物は仕方ない。
明日は移動日で、明後日からはナゴドで中日と。そしてその後は卵で読売戦が控えているGWの9連戦。交流戦前の1つの山場かと思います。

気持ちを切り替えて、ナゴドで1つ1つしっかり勝ってもらいましょうヽ(⌒▽⌒)ノ"

スポンサーサイト
05/01 21:48 | 阪神タイガース2008 | CM:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
template design by takamu
Copyright © 2006 LARK31 All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。