スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
連敗しないけど連勝もなく 阪神0ー3ヤクルト
7月17日(甲子園)
ヤクルト|000 000 003|3
阪  神|000 000 00X|0

勝利投手:石川
敗戦投手:久保田
セーブ :林
HR  :


試合経過、感想などは【続きを読む】をクリックして下さい。

【試合経過】

先発はボーグルソンと石川

●9回裏、1死満塁から福地のホームスチールでヤクルトが先制。さらに、2、3塁となって田中のピッチャーゴロを久保田がホーム悪送球で2点を追加。


【感想等】

残業で見れたのが8回裏からでした。

久保田は責めれないなぁ

テーブルスコアを見る限りでは8回まではいい投手戦だったんじゃないでしょうか。
阪神のチャンスらしいチャンスと言えば1、3、8回・・・こんなやられ方だと、どっかで先取点が欲しかったけど、そこで物にできなかった。石川がよかったんでしょう。

逆にヤクルトのチャンスは3回にスコアリングポジションにランナーを進めているとは言え、9番に回る打順なので、実質は9回の1チャンスをきっちり物にできたと言う事でしょう。
ヤクルトがその1チャンスで得点できたのは機動力。1死1、2塁から無警戒だった内野の隙をついて盗塁。そして、スクイズを・・・スクイズ自体は失敗に終わったけど、福地の俊足が勝ってしまいましたね。その後の2点はおまけのようなもの。


明日からはナゴドで中日戦!!ナゴドはしっかり勝ち越したいですねヽ(⌒▽⌒)ノ"
新井がいない今だからこそ、阪神らしい繋ぐ野球をやってもらいましょう!!



スポンサーサイト
07/17 21:52 | 阪神タイガース2008 | CM:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
template design by takamu
Copyright © 2006 LARK31 All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。