スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
みんなで繋いでM46!!  阪神7ー4讀賣
7月22日(甲子園)
読売|310 000 000|4
阪神|000 340 000|7

勝利投手:江草
敗戦投手:内海
セーブ :藤川
HR  :


試合経過、感想などは【続きを読む】をクリックして下さい。


【試合経過】

先発は上園と内海。

●1回表、無死満塁からラミレスがライト前タイムリーで讀賣が先制。さらに1死満塁で古城がセンター前タイムリーで2点を追加。
●2回表、1死2塁で鈴木がセンター前タイムリーで讀賣1点を追加。
●4回裏、無死1塁から高橋光がライト前ヒット!清水が後逸し1点返す!!さらに、無死1、3塁からバルディリスがセンター前タイムリー!つづく矢野もレフト前タイムリー!1点差に!!
●5回裏、1死1、2塁から高橋光が同点レフト前タイムリー!満塁となって、桧山セカンドゴロの間に勝ち越し!!
そして、2死2、3塁から矢野がセンター前2点タイムリー!!

【感想等】

今日は残業だったため、8回ぐらいからTVで見ました。

7人の継投

上園が初回、2回といきなり捕まり4失点。讀賣先発は甲子園では05年9月29日以来負けのない内海ということで、かなり苦しい展開を強いられる。

しかし、その流れを変えたのが上園の後を継いだ投手陣だった。まずは3回のマウンドに上がったのは阿部。負け試合での登板が多い投手ではあるが、こういった所できっちり抑えて行けば渡辺のようにいい場面で徐々に使ってもらえるようなになる。

3回からマウンドに上がった阿部は2イニングを6人できっちり抑え、攻撃への流れをしっかり作って行った。解説の真弓さんも今日の試合のポイントに阿倍の好投を上げてましたね。
甲子園での初お立ち台もなんか若々しくてよかったです(⌒∧⌒)

そしてその後に上がったのが、勝利投手となった江草。江草も1イニングを3人でピシャリ!!意外と?甲子園でのお立ち台は初めてやったんですね!?
これからも地味に頑張って下さいw

逆転してからは、いつものように、水戸黄門が20:45分に印籠が出るかの如くお決まりのパターン。6回渡辺、7回久保田、8回ジェフ、9回球児と6人の投手が3回以降の讀賣の攻撃を僅か2安打に抑える好投!!

今の阪神の象徴を見せつけた感じの試合になりました。

繋いで7得点!!

今日の11安打は全てシングルヒット。相手のミスとエラー絡みの得点もありましたが、4回5回の繋いでいっての得点はこれまた阪神らしい展開でしたね。

左投手の時にスタメンとなっている高橋光が、1点目の足がかりとなるライト前、そして同点打!!
途中出場ながらも矢野が3打点!!

そして、今年初めて1軍に上がった庄田もヒットを放つなど、マジックの点灯した試合が阪神らしい繋いで行く野球で勝てた事は大きいと思います。


ついにマジック点灯ヽ(´▽`)/~♪

マジックが点灯したといっても「46」と、まだまだ気が長い話ですが、それでも我々ファンとしては、まだまだ先の話とわかっていても、出るのと出ないのとでは気持ちがぜんぜん違います。
いくら2位と12ゲーム、13ゲーム開いたからと言っても、ひっくり返されるんじゃないだろうか・・・と言う不安がつきまといます。

そして、今季8度目のチャレンジにて「マジック46」


さぁ、後は1つ1つ消して行くだけですね。明日も讀賣戦残り1試合、頑張って勝利してもらいましょうヽ(⌒▽⌒)ノ"

スポンサーサイト
07/22 22:46 | 阪神タイガース2008 | CM:2
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
template design by takamu
Copyright © 2006 LARK31 All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。